【足のすね】が痒くてカサカサに・・・改善したくないですか?

 

すねが痒くて、ボリボリかかずにはいられなくなる事があります。

そして、気がついたら皮膚がカサカサしていて、粉っぽくなっている・・・

今、これを読んでいるということはあなたもきっと、こんな経験があるのではないでしょうか?

 

ここではすねが痒くなる原因と対策をお話ししていきます。

 

足のすねが痒くなる原因は?

 

皮膚が乾燥していて悪循環

 

まずは、真っ先に思い浮かぶのは乾燥です。

夏場はエアコンの効いた部屋であったり、冬場は元々、湿度が低いので乾燥しています。

 

人間の皮膚は元々、水分をたっぷりと代謝により作られる機能を持っています。

そして、潤いを守る保湿物質があります。

 

この保湿物質が正常に働かなくなると、肌内の水分を保っていられなくなり、蒸発してしまいます。

 

これは生活習慣(食生活)スキンケアなどによってかなり影響を受けます。

 

また、肌の角層の水分の量が減って、乾燥状態になると、肌は硬くなりゴワホワとなってきます。

なぜ、肌が硬くなるかというと、肌にはバリア(守る)機能を備えているので、肌の水分量が減ると、更に角層を作ってバリアを作ります。

 

ですが・・・

 

これが慢性の乾燥状態であると、バリア機能がずっと働きますので、完全に悪循環に陥ってしまいます。

まず、すねが痒いのが慢性的な場合、水分量が不足している事が多いですので改善が必要ですね。

 

すねのカサカサから脱出する方法

 

洗剤はつけない。ゴシゴシ洗わない

 

まずは一番は洗わないことです。

とは言ってもちょっとこれは抵抗があります。

なので、お風呂場では洗剤はつけずにぬるま湯のみで優しく手で流してあげる程度にしましょう。

 

ボディソープや洗剤は刺激が強いと皮膚には良くありません。

そして、タオルでゴシゴシと洗うのは肌の油分も一緒に洗い流し、乾燥を促進させます。

タオルで拭き取る時もゴシゴシと拭かずに軽くタオルを押し当てる程度にしましょう。

 

 

高温、長風呂は厳禁

 

高温のお湯に入るのはお肌には良くありません。

40℃くらいの温度で10分くらいで良いです。

30分も40分も汗がビッショリと出るまで半身浴をしていたら、今日から止めましょう。

逆にお肌の乾燥を促進させる原因になります。

 

クリームで乾燥を防ぎ、正常な「すね」を目指す

 

 

最初はクリームを塗って皮膚の乾燥を防ぎましょう。

おすすめはワセリンです。

 

ワセリンは油成分で酸化しにくく、皮膚の水分の蒸発を防いでくれるとても優れものです。

安全性もとても高いの私も使用しています。

 

ちょっと、ベトベトしているので、塗る量は少量で大丈夫です。

塗るときはこすらずに、叩くように塗りましょう。

 

かゆみが酷い場合はまずは皮膚科へ

 

すでにカサカサを通り越して痒みが酷い場合。

特に寝ている間に知らないうちにボリボリかいてしまい、傷だらけなってしまう人。

まずは、皮膚科に行って、診断を受ける事も大事ですよ。

もしかしたら、ただの乾燥肌じゃないかもしれません。

他の皮膚の病気かもしれません。

薬じゃないと治らない可能性もありますし、更に悪化する前に放って置かないでくださいね。

 

食べ物を見直す

 

今までお話ししてきた事をしっかりとやっていても、食生活が悪ければすねのかゆみは治らないかもしれません。

特に乾燥を促進してしまう食べ物は日常の生活では食べてしまう事が多いです。

しっかりと見直しましょう。

 

こちらでは乾燥肌に良い食べ物のお話しもしていますので、参考にしてください。

「肌の乾燥対策」肌の潤いを促進する食品はこれだ!

 

適度な湿度管理を

 

オフィスや部屋の中は非常に乾燥しやすい環境にあります。

室内の湿度管理もしっかりときにするようにしてください。

 

お肌に良い湿度は60%くらいが良いとされています。

特に日本は冬場ですよね。

湿度が60%を下回ったら危険信号です。

 

加湿器などで湿度をしっかりと管理していきましょう。

 

 

 

まとめ

 

私も冬場になるとすねがカサカサとなっていて、長年悩まされてきました。

今ではすっかりと良くなったのですが、今日、お話しした内容をやってきました。

習慣になれば、全く苦痛じゃないですし、普通になります(笑)

参考になりましたら嬉しいです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

こちらの記事も読まれています

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 睡眠負債になったら危険睡眠負債とは睡眠負債とは長期間に渡…
  2. お肌の乾燥は本当に困り者です。特に寒くなって来ると、…
  3. 目の下の隈(クマ)は実年齢よりも老けて見えたり、疲れて見えて…
  4. ニキビの原因を理解するニキビは誰もが一度は経験があるのではな…
  5. 完全にその通りだった!毎日、ちゃんとスキンケアをしているのに…
  6. すねが痒くて、ボリボリかかずにはいられなくなる事があります。そし…
  7. 保湿の正しい方法を知らないと、いつも乾燥気味!?保湿は文字通り、肌の水分…
PAGE TOP