【肌の保湿力】が1ヶ月で劇的に変わる!乾燥肌、かゆみを撃退する方法

 

保湿の正しい方法を知らないと、いつも乾燥気味!?

保湿は文字通り、肌の水分を適量に保つ事なのですが、簡単そうで以外に正しく理解し実践している人は少ないようですね。

だから、「保湿はちゃんとやっているのに、いつも肌が乾燥しているんだけど・・・」

こんな人は多いですよね。

 

実は私もそんな一人でした。

 

まずは保湿の正しい方法を理解して、実践することで健康な水々しい肌が蘇りますので、これからお話ししていきます。

 

湿度が50%以下だと肌水分の蒸発が加速する

 

健康な人の角層は20-30%の水分が含まれています。

これが20%いかになると、良く言う「乾燥肌」です。

湿度が50%を下回ると、肌の角層の水分が蒸発しやすくなります。

 

肌が乾燥している、突っ張るという自覚症状が出た場合は間違いなく、肌の水分量が10%を下回っているといって良いでしょう。

 

こうならないためにこれを補うのが保湿です。

 

ですが、人間の肌には水分を補う仕組みがもともと、ありますが、加齢と主に低下していきますので、保湿が大事だよーと言う事ですね。

 

化粧水は逆に乾燥を引き起こす

 

「乾燥肌にならないように化粧水をたっぶりとつければ大丈夫!」

こう考えていませんか?

これ、間違いです。

 

化粧水は逆に肌の水分の蒸発を促進させ、乾燥肌になりやすくなります。

 

「化粧水を蒸発させないように乳液をつけているから大丈夫!」

これも間違い。

 

乳液の保湿力って実はさほど高くないんです。

なぜなら、通常の乳液は水分が50-70%、油分が20%前後ですので、結局、水分が多い以上、蒸発してしまうからです。

 

今までの保湿の常識は非常識

 

これからお話しする保湿方法は何の疑いもなくやっていましたが、たくさんの人が間違った理解をしています。

 

化粧水、シートマスクで保湿はできない

 

 

化粧水はほとんどが水分です。

そして、化粧水は肌全体には浸透しません。

普通に考えてもわかる事ですが、皮膚は外部から水分が浸透しないようにバリア機能が働いています。

 

つまり、シートマスクで水分を浸透させようとしている人がいますが、これは結局意味がないと言うことなのです。

一時的なものにすぎません。

 

化粧水をつけると肌の乾燥を促進させる

 

化粧水をつけた直後は肌が潤って保湿されたように感じます。

しかし、これは一時的なもので、すぐに乾きます。

そして、乾いた時にお肌の水分も一緒に蒸発してしまうのです。

スプレータイプの化粧水を携帯している人も見かけますが、これはあまりおすすめしません。

 

お肌の乾燥が気になる方はこちらで改善方法をお話ししています。

『肌の乾燥』を改善したい人は必見!これであなたも美肌美人!

 

 

美容液はセラミド配合のものを使う

 

 

美容液は成分を確認してから使用するようにしましょう。

一般的な美容液は水分が半分以上の割合を占めていますので、結局美容液をつけたところで、蒸発し、結局お肌の水分も一緒に奪っていき、逆効果です。

 

そういった意味ではセラミド配合の美容液をおすすめします。

 

セラミドは水溶性の成分ではありませんので、蒸発する事はなく、水分を保つ働きがあるからです。

 

ニキビ肌、オイリー肌でも保湿は必ずやること

 

ニキビ肌、オイリー肌だから、化粧水だけで済ませていませんか?

 

お話ししたように化粧水だけでは逆に水分を蒸発させ、逆にテカリやニキビを促進させてしまいます。

必ず、保湿はしましょうね。

 

洗顔料の保湿成分は全く意味がない

 

洗顔料にはスッキリタイプやしっとりタイプがあります。

しかし、結局洗顔によって洗い流しますので、これらは全く意味がありません。

 

ましてや、しっとりタイプの洗顔料には油分が含まれており、これが毛穴のつまりを促進させてしまいます。

洗顔はあくまでも汚れを落とす目的で行いましょう。

 

洗顔方法はこちらでお話ししています。

「正しい洗顔」で肌がよみがるたった一つの方法

 

 

化粧水はどんな成分のものがいいの?

 

化粧水は必ず必要というものでもありませんが、スッキリしたり、清涼感を感じるという意味では使用しても良いです。

使用する場合のオススメは「ビタミンC誘導体」入りの化粧水です。

 

「ビタミンC誘導体」はニキビ、シワ、たるみ、美白、毛穴の引き締め効果があります。

 

美容液はどんな成分のものがいいの?

 

保湿目的の場合のオススメは前にお話ししたように「セラミド」配合の美容液です。

「セラミド」は保水力に優れています。

夏場はベタつくので少なめ。

冬は乾燥するのでやや多めに使用するなど調整していきます。

 

乳液やクリームは使わなくていいの?

 

乳液は油分を補うとい目的があります。

30代くらいまでは皮脂の分泌が盛んに行われますので、お肌が保湿されていれば特に必要ありません。

しかし、年齢とロモに皮脂の分泌量が低下していきますので、水分のみならず、油分も補う必要があります。

 

乳液もオススメは「セラミド」配合のものです。

乾燥しがちな目元、口元は乳液やクリームを重ねると良いでしょう。

 

川のバッグに油を塗ると柔らかくなるように、お肌にも同じ事が言えます。

 

クリームは必ず使用しなくてはいけないものではありません。

クリームの方が油分が多いので、バランスを考えながら使用するという感じです。

油分補給という意味合いで使います。

あまり刺激が高くない敏感肌用のクリームが良いでしょう。例えばアトピー肌用のクリームを選ぶとかですね。

ジェル状のものではなく、トロッとしたコクのあるクリームを選びましょう。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

化粧水、美容液、乳液、クリームを見直し、正しい方法で1ヶ月も続ければ、かなりの効果が出たやり方です。

しっかりとケアをして美肌美人になりましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

こちらの記事も読まれています

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 睡眠負債になったら危険睡眠負債とは睡眠負債とは長期間に渡…
  2. お肌の乾燥は本当に困り者です。特に寒くなって来ると、…
  3. 目の下の隈(クマ)は実年齢よりも老けて見えたり、疲れて見えて…
  4. ニキビの原因を理解するニキビは誰もが一度は経験があるのではな…
  5. 完全にその通りだった!毎日、ちゃんとスキンケアをしているのに…
  6. すねが痒くて、ボリボリかかずにはいられなくなる事があります。そし…
  7. 保湿の正しい方法を知らないと、いつも乾燥気味!?保湿は文字通り、肌の水分…
PAGE TOP