目の下の隈(クマ)が ひどいの時の対処方法

 

 

目の下の隈(クマ)は実年齢よりも老けて見えたり、疲れて見えていたりと、凄く気になります。

改善できたら嬉しいのですが、まずはこの隈(クマ)を理解していないとなかなか解消できないですので、その説明と改善方法を伝えていきますね。

 

あなたはどのタイプの隈(くま)?

 

隈(くま)には三種類ある。

 

クマの種類ですが、三種類あります。

 

・青ぐま(目の下にできる。引っ張ると薄くなる)

・黒ぐま(目の下がたるんで影ができる。上を向くと薄くなる)

・茶ぐま(引っ張っても上を向いても変わらない)

 

上記のように主に三種類があります。

この三種類は後でご説明します。

 

これは年齢とともに目立ちやすくなって来ます。

 

では何故目立つのか?

 

これは目の周りの構造からなるものだったのです。

 

目の周りの構造が原因

 

まず、眼球の周りは柔らかい脂肪で覆われています。

そしてまぶたがそれを支えています。

まぶたの皮膚は凄く薄く、皮脂腺が少なく乾燥がちになります。

そして、いつもまばたきをするので、負担がかなりかかって来ます。

 

更に、特に色素沈着が起こりやすい場所なので、こすったりしてしまうと、黒ずんで来てしまいます。

このように、目の周りの構造を知らないと、どんどんくまを引き起こしてしまうので、注意しておきましょう。

 

青ぐまとは?そして改善方法

 

青ぐまは目の周りの毛細血管の血の流れが滞ることで引き起こします。

なので、この血の流れをよくする事が解決方です。

 

まずはマッサージをしましょう!

マッサージは顔全体に行います。

そして血液の循環をアップさせる事で改善できます。

青ぐまが出ているときは顔全体の結構が悪い状態であるということですね。

 

皮膚全体の代謝をアップさせる成分が入ったアイクリームは効果的です。

ビタミンE,高麗人参エキス、セージエキスなどは代謝をよくする作用があります。

 

更には顔だけじゃなくて体全体の血液循環をよくするのも必要ですので、適度な運動はやはりオススメです。

 

黒ぐま(有効なつぼを紹介)

 

下まぶたが年齢とともに薄くなり弱って来ることによって、たるんできて、影ができてしまうのが黒ぐまです。

そして、むくみが足されると、更に目立ってしまうというのがちょっと厄介なんですね。

たるみを抑えるためにはコラーゲンを強化するケアが必要になってきます。

 

・ビタミンC誘導体

・レチノール

・ビーリング剤

これらのコラーゲンを増やす作用がある成分を配合した化粧品がオススメです。

シワにも効果がありますので、続けていきたいですね。

 

黒ぐま予防に有効なつぼもあるので紹介します。(下記図参照)

 

① 瞳子りょう(ドウシリョウ)

目尻の橋のくぼみにあるつぼです。額のニキビにも効きます。

 

② 球後(キュウゴ)

目の下の骨の際、目尻から目頭に向けて4分の1内側にある。

目尻の小じわにも効きます。

 

③ 四白(シハク)

目の下中央から親指一本分下にあります。

顔のむくみ、シミ、くすみにも効きます。

 

 

シミやくすみの原因になる茶ぐま

 

茶ぐまは小さなシミの集合体です。

また、こすることによって色素沈着や角質が暑くなるなどが茶ぐまの原因です。

メラニン色素が関係しているので、美白ケアは大事です。

 

こすリスグも茶ぐまの原因ですので、注意しましょう!

 

 

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

こちらの記事も読まれています

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 睡眠負債になったら危険睡眠負債とは睡眠負債とは長期間に渡…
  2. お肌の乾燥は本当に困り者です。特に寒くなって来ると、…
  3. 目の下の隈(クマ)は実年齢よりも老けて見えたり、疲れて見えて…
  4. ニキビの原因を理解するニキビは誰もが一度は経験があるのではな…
  5. 完全にその通りだった!毎日、ちゃんとスキンケアをしているのに…
  6. すねが痒くて、ボリボリかかずにはいられなくなる事があります。そし…
  7. 保湿の正しい方法を知らないと、いつも乾燥気味!?保湿は文字通り、肌の水分…
PAGE TOP