【髪質 改善】髪が細い人!太い髪にする方法を教えます

 

 

髪の張りがなくなってきた。

髪が細くペタペタになってきた。

髪のボリュームがなくなった。

そんな悩みを解決する方法をお話しします。

 

髪を美しくする為にはこれをやろう!

シャンプーをやめる

 

 

シャンプーをやめると聞いて、ビックリする人が多いと思います。

これは髪を洗うのをやめようと言っているのではありません。

シャンプーを使用するのをやめようと言っているのです。

 

昔の人は髪が凄く艶やけで、ボリュームがありました。

ところが、近年、「髪に張りがない」、「髪質が細い」、「髪のボリュームがない」というような人が多くなってきました。

これはシャンプーを使用する事によるものだと言われています。

シャンプーって実は物凄い洗浄力があります。これはお風呂洗いの洗剤に比敵すると言われているくらいです。

そんなもので髪を洗ったらどうなるでしょう?
もちろん、髪を洗うだけではなく、皮膚、肌も洗う事になるのですから、毎日、シャンプーを使用していたら、恐しい事になりそうです。

 

シャンプーは顔のお肌にも悪影響

 

シャンプーをする際に当然、シャワーで流すと思います。

水は上から下へ流れますから、その時に顔や身体の皮膚、肌にそのシャンプーが付着します。その場でお湯で全て流しても完全には流れ落ちません。数日は付着していると言われています。

お風呂洗剤と同じような強力な洗剤が身体中に付いてるとなると、これはいくらスキンケアをしていると言っても改善できませんよね。

これが毛根への影響や顔のブツブツ、赤みなどの原因です。

髪のベタつきの一番の原因はシャンプーだった???

髪がベタつく原因は毛穴に付いている「皮脂腺」からでる「皮脂」が原因です。

「皮脂」をシャンプーで落とすのが目的とされてきました。ところが、皮脂は取っても良いものと悪いものがありますので、シャンプーによって取らなくても良い「皮脂」まで根こそぎ洗い取られてしまいます。

そうなるとどうなるか?

はい、そうです!

「皮脂腺」が大きくなり、不足した「皮脂」を補おうとします。

これが髪がベタつく原因です。

これを繰り返すから、毎日、髪がベタつき出します。

昔の人は毎日、髪を洗浄していなかったのはこういう事です。
不潔ではなく、髪を洗浄する必要がなかったんですね!

なので、シャンプーをやめて、お湯で髪を洗うと毛根が正常になり、髪質も良くなるのはこういう理由からです。

シャンプーの回数を減らすことからスタート

 

今まで、毎日シャンプーしていたのに、お湯だけで洗うとなると、抵抗がある人も多いはず。

そして、お湯だけ洗浄に変えた当初は髪がゴワついたりするのも事実です。これがなんか気持ち悪いと感じる人もいます。

なので、最初はシャンプーの回数を減らすことからスタートしても良いです。

最初は2、3日に一度くらいの頻度でシャンプー使用します。

そして、どうしてもベタつきが気になりすぎると感じた時にシャンプーするという感じでも良いでしょう。

年齢と共に皮脂量が減っていきますので、毎日のシャンプーは本当に控えた方が良いです。

 

ロングヘアーの人は髪を洗浄前にブラッシングが効果的

 

 

ロングヘアーの人は髪を洗浄する前にブラッシングをすると効果的です。

髪の汚れをブラッシングをする事によって落とす事ができます。

これは特別なことはありません、普通に髪をブラッシングするのと同じように行ってください。髪全体にブラッシングされるようにいつもより多めを心がけてください。

ブラシはできればプラスチックや金属製のものではなくて、イノシシの毛のブラシがおすすめです。

イノシシの毛は太く剛毛なので、これで髪をブラッシングすると、汚れが落ちるだけではなく、頭皮のマッサージ効果も重なって血流が良くなります。

そして、髪が痛まず、更には続けていると、髪に艶も出てきます。

コンディデョナー、トリートメントもキッパリとやめる

 

 

シャンプー後のコンディデョナーやトリートメントはセットで使っていますよね。

シャンプーほどではないにしても、体に良い成分は含まれてはいません。

トリートメントをしないと髪がパサパサすると感じのは、シャンプーによって必要な皮脂が剥がれてしまうので、コンディショナーやトリートメントでしっとりとさせたくなるからです。

これも悪循環の一つになるのはもうお分かりでしょう。

シャンプーとセットでコンディショナやトリートメントもキッパリとやめる事でしっとりとした艶やかな潤いのある髪にドンドン変化していきます。

まとめ

いかがでしたか?

シャンプーをやめるなんってできる訳がないと最初は誰でも思うはず。

それが常識的になっています。

ですが、実はこれが頭皮やお肌へのダメージに大きく影響しています。

あなたの髪質、お肌が向上する事を祈っています。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

こちらの記事も読まれています

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 睡眠負債になったら危険睡眠負債とは睡眠負債とは長期間に渡…
  2. お肌の乾燥は本当に困り者です。特に寒くなって来ると、…
  3. 目の下の隈(クマ)は実年齢よりも老けて見えたり、疲れて見えて…
  4. ニキビの原因を理解するニキビは誰もが一度は経験があるのではな…
  5. 完全にその通りだった!毎日、ちゃんとスキンケアをしているのに…
  6. すねが痒くて、ボリボリかかずにはいられなくなる事があります。そし…
  7. 保湿の正しい方法を知らないと、いつも乾燥気味!?保湿は文字通り、肌の水分…
PAGE TOP