「おでこのブツブツ」や「ニキビ」を治す方法は36℃以上の体温維持を目指して!

 

 

「おでこのブツブツ」や「ニキビ」の原因は低体温かもしれない?

気がついたら、おでこにブツブツができてた・・・

これってニキビ?

このような事は誰でも経験があります。

一度、出来てしまったら、視線が気になってしまって、どうしようもなくなってしまいます。

 

たまになら、このような吹き出もの的な経験はあると思いますが、これが慢性的にや頻繁に怒るようなのであれば、それはどこかに問題があるかもしれません。

それを改善して習慣化すると良いでしょう。

 

友達はキレイな肌をしてるのに何が違うの?

 

きっと、こんな思いを感じた事はあると思います。

自分と同じようなライフスタイルをしているのに、全くニキビの出来ない人がいます。

 

「自分だけ、ニキビが出来て腹立たしい!!!」

 

体質的にニキビが出来やすい人はいますが、ほとんどは「生活習慣」から発生しています。

悪い生活習慣を変えていけば、改善する事ができるでしょう。

 

体温を36度以上に!おでこのブツブツやにニキビは改善される!

 

普段から体温を測っていますか?

一般的に体温は病気にならないと測らない人が多いようです。

 

体温は吹き出物に影響する可能性が非常に大きいです。

 

ですが、まずは自分の体温が何度あるのか?

これがおでこのブツブツを改善するために、重要な指標になってきます。

 

起床後は体温は低いです。日中は体温が高めになりますので何度か時間を変えて測ってみてください。

36度以上の体温があれば大丈夫です。

 

もしも、体温が36度を下回っているのであれば、これは問題です。

 

体温が1度下がると、免疫力は30%減少すると言われています。

免疫力低下は風邪や病気、お肌のトラブルを引き起こします。

 

また、体温が1度上がると、免疫力は5〜6倍もアップすると言われています。

体温を上げると新陳代謝も活発になり、老廃物もスムースに排出されるようになります。

つまり、お肌の新陳代謝も良くなりますので、おでこのブツブツやニキビも改善されていきます。

 

それでは実際にどのように体温を上げていけばいいのかお話していきます。

体温を上げる方法とは?

 

 

毎日シャワーじゃなくお風呂に入る

 

毎日、シャワーだけで済ませている人は多いですよね。

特に低体温の人はこれはいけません。

 

お風呂に入るようにしましょう!

 

40度〜41度の温度のお湯に10分くらいゆったりと首まで入るのが効果的です。

時間は短いのも長すぎるのもNGです。

 

首のつく部分を露出しない服装

 

 

 

普段の服装は区部のつく部分(首、手首、足首)をなるべく露出させないような服装を選びましょう。

ファッション重視での服装になりがちですが、体を冷やす原因になる服装はおでこのブツブツやニキビの原因になります。

 

下着、インナーにも気を配ってください。

お腹を冷やさないような下着、インナーを身につけましょう。

 

季節に関係なく、ハーブティーがベスト

 

お肌をツルツル、スベスベにしたければ、暖かい飲み物を普段から摂るようにしましょう。

そして、水の飲み過ぎは逆にむくみの原因にもなります。

逆に冷たい飲み物は体を冷やします。

お風呂上がりには常温で飲みましょう。

 

カフェインもお肌には悪い影響を及ぼします。

 

一番良いのは「ハーブティー」です。

 

朝はスッキリさせる「ミント」

日中はビタミンたっぶりの「ローズヒップ」、免疫を高める「エキナセア」

こちらがおすすめです。

 

生姜(しょうが)は体を温める万能薬

生姜(しょうが)は体を温めてくれるので有名です。

ですが、生姜(しょうが)は必ず加熱してからじゃないと体を温める効果がありません。

逆にすりおろしなどは逆に体温を低下させてしまいます。

 

もしくは乾燥生姜も体温を上げてくれます。

 

私はハーブティも良く飲みますが、生姜紅茶も良く飲みます。

 

 

乾燥生姜入りにティーパックが売っています。

普通の紅茶を入れるようにお湯につけて飲むだけですので、全く手間がかかりませんよね。

生姜紅茶を飲み始めてから、体がポカポカと温まるようになりました。

 

お風呂に入る数十分前(夕食後など)に飲むと、効果絶大です。

 

特に冬場は体が温まったまま布団に入る事ができ、そのまま熟睡もできますので、お肌にもかなり良い状態です。

生姜入りのティーパックじゃなくても、普通の紅茶を入れた後にすりおろした生姜を入れても効果は同じですので、ぜひ、試してみてくださいね。

 

基礎代謝を上げるには軽い運動をする

 

体温は筋肉で作られます。

なので、軽い運動を心がけましょう。

 

運動といってもウォーキングで大丈夫です。

できれば30分くらいは毎日やりたいものです。

時間があまり取れない場合は通勤などで、一駅手前で降りたり、何かしらはできますので、やってみてくださいね。

また、筋力トレーニング、ヨガなどを行う事で基礎代謝を維持する工夫も効果的です。

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

おでこのブツブツやニキビを治すには日常の生活習慣を変えるだけで、かなりの改善が可能です。

決して難しく、特別な事をやるわけではないので、誰でもできます。

そして、大事なのは人間が最初から持ち合わせている機能を最大限に活かせるようにケアする事で、あなたの悩みも改善していきます。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

こちらの記事も読まれています

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 睡眠負債になったら危険睡眠負債とは睡眠負債とは長期間に渡…
  2. お肌の乾燥は本当に困り者です。特に寒くなって来ると、…
  3. 目の下の隈(クマ)は実年齢よりも老けて見えたり、疲れて見えて…
  4. ニキビの原因を理解するニキビは誰もが一度は経験があるのではな…
  5. 完全にその通りだった!毎日、ちゃんとスキンケアをしているのに…
  6. すねが痒くて、ボリボリかかずにはいられなくなる事があります。そし…
  7. 保湿の正しい方法を知らないと、いつも乾燥気味!?保湿は文字通り、肌の水分…
PAGE TOP